マニフレックスの特徴は?メリットやデメリット、口コミを徹底解説

マニフレックスは、人の健康について追及を続けているマットレスです。

マニフレックスは世界最大級のイタリアの寝具メーカーが作っている高反発マットレスで、世界的にも有名なマットレスになります。

様々なニーズや文化の違いにも対応し、一人ひとりの休息睡眠の質を高めるためのマットレスを開発しています。

そんなマニフレックスのマットレスはサッカーの香川選手や大リーグで活躍する前田投手(マエケン)を始め、多くのスポーツ選手が愛用しています。

スポーツ選手のコンディションを整えることのできるマニフレックスには一体どんな魅力があるのでしょうか。

マニフレックスの特徴

マニフレックスの特徴は次の通りです。

  • スプリングレスでしっかり体圧分散
  • 高反発フォーム「エリオセル」
  • ムレにくい芯材で快適
  • 長期保証で安心
  • 医療・介護の現場での使用実績あり
  • ダニ・防虫対策もバッチリ

順に見ていきましょう。

スプリングレスでしっかり体圧分散

マットレスの主流であるスプリングマットレスの場合、体の重い部分を支点として体を支えています。

そのため睡眠中の負荷が予想以上に大きいのです。

寝起きに腰や肩、首などが痛くなる原因がこうした一部への負荷がかかりすぎることなのです。

マニフレックスは自然に立っているときと変わらない姿勢で眠ることが出来るスプリングレスのマットレスです。

体圧分散によって、体の一部で体を支えるのでなく、マットレスの適度な反発力と吸収力で体全体で体を支えます。

そのため、睡眠中に体がゆがむことが少なく、すっきりと起きれるしっかりとした睡眠を取ることが出来るようになっています。

高反発フォーム「エリオセル」

この体圧分散は、マニフレックスのマットレスに使用されている芯材である新世代高反発フォーム「エリオセル」によって実現されています。

ポリウレタンフォームがベースの「エリオセル」はマニフレックスが世界特許を取得している高密度弾性素材になります。

柔らかすぎると体が沈みこんでしまう。

硬すぎるとかえって眠りづらい。

これらを実現しているのが「エリオセル」なのです。

また、低反発のポリウレタンフォームなどは、温度変化によって硬さが変わってしまったりするのですが、マニフレックスのエリオセルではほぼ硬さが変わらずいつでも同じ硬さでしっかりと体圧分散できるのです。

ムレにくい芯材で快適

エリオセルは、ポリウレタンがベースになっている芯材です。

そのため、マットレスで懸念される「ムレるのでは?」という懸念があります。

しかし、マニフレックスに使用されているエリオセルは、独自のオープンセル分子構造という仕組みで空気を「呼吸」させることができます。

そのため、睡眠中にかいた汗は吸われ、発散されます。

このため夏にムレて眠れないということもなく涼しく快適に過ごすことが出来ます。

また、冬はスポンジのように空気を含むため、暖められた空気を断熱材として利用するため暖かく過ごすことが出来ます。

つまり、エリオセルを使ったマニフレックスは四季を通じて快適に過ごすことが出来るようになっています。

長期保証で安心

マニフレックスは耐久性や製品寿命の長さについても保証しています。

イタリア生まれのマニフレックスは、世界的に有名なだけでなく、ドイツの工業規格であるLGA-GERMANYの認定を受けています。

日本で例えるならJIS規格に相当します。

この認定の際に、マットレスの厚みを半分まで圧縮される力でプレスされる工程を8万回繰り返し品質に問題が起きないことが保証されています。

こうした実績を元に、マニフレックスでは、10年から最長15年の長期保証が公約されています。

通常、金属製のスプリングマットレスの寿命が4年程度といわれている中、マニフレックスは長く愛用することが出来るのです。

医療・介護の現場での使用実績あり

マニフレックスは医療現場や介護の現場での利用実績があります。

とくにヨーロッパでは率先して採用されています。

例えば、イタリアではローマ、ミラノ、フィレンツェなどの主要都市にある代表的な病院で採用されています。

横になっている時間の長い患者さんを体圧分散によって快適に過ごしてもらうだけでなく、スプリングレスのため、最大70度曲げることが出来るためリクライニング用ベッドのマットレスとしても利用されているのです。

病院は患者さんに負担をかけることは厳禁です。

そんな現場で使われているマニフレックスの品質は非常に優れているといえるでしょう。

ダニ・防虫対策もバッチリ

イタリア生まれのマニフレックスですが、日本の気候にも対応しています。

梅雨時期など湿気が多い時期もある日本でマットレスの防虫・ダニ対策は衛生面のために必須と言えるでしょう。

マニフレックスのマットレスはバイエル社の「アクチガード加工」というものが施されています。

人体に影響がないというテストにも合格している上にダニなどの防虫効果・それに伴うアレルギーに対する対策加工になっているのです。

これなら安心ですね。

マニフレックスの価格は?

ここまで、マニフレックスの特徴を見てきましたが実際マニフレックスのマットレスはいくらぐらいなのでしょうか?

公式サイトの価格は以下のようになっていました。

セミシングル 32,670円
シングル 39,204円
セミダブル 52,272円
ダブル 65,340円
クイーン 78,408円

※すべて税込。送料無料。マニフレックス モデル246の価格になります。

価格帯をみるとお手軽という値段ではありませんが、マットレスとしては一般的な相場と言えるでしょう。

機能性などを考えれば十分検討できる商品だと思いますね。

マニフレックスのメリット

マニフレックスのメリットは次の通りになります。

  • しっかりとした体圧分散
  • ムレにくく快適に安眠できる
  • 長期保証で安心
  • 実績面での信頼感もバッチリ

順に説明していきます。

しっかりとした体圧分散

例えば腰痛に悩む方に重要なのは、S字カーブの背骨ラインを睡眠時に保てるかということになります。

マニフレックスのマットレスは、硬すぎずやわらかすぎないエリオセルという素材で作られています。

適度な反発力と吸収力で体の一部にだけ重さが加わることなく全体で支える形になります。

そのため、きちんとした寝姿勢と、適度な寝返りが期待でき、腰痛改善などの効果が見込めるのです。

朝起きて、体が痛くなく快調に目覚めを迎えられるのは大きなメリットでしょう。

口コミでも、腰痛に効果があったというものが目立ったのもうなずけます。

ムレにくく快適に安眠できる

どれだけ良いマットレスであっても、ムレてしまっては気になってきちんとした睡眠をとることが出来ません。

また、マニフレックスの根本はウレタンフォームなので潜在的にムレないか?という懸念がありました。

しかし、特許取得のエリオセルの呼吸をするような機構のおかげで、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことが出来ます。

ムレずにすっきり寝れるのは良いポイントですね。

長期保証で安心

特徴でも記載したとおり、ドイツのきちんとした工業規格に合格しており、そのための耐久テストもクリアしています。

そのため、マニフレックスのマットレスは12年という長期にわたる品質保証がなされています。

通常のスプリングマットレスの寿命がおおよそ4年前後であることを考えると、長く使えるというのはそれだけで大きなメリットですね。

また、長く使えるだけでなく経年劣化に関しても他の製品よりも緩やかであるということが12年保証という部分につながっているのでしょう。

そういった観点からも安心感が違いますね。

実績面での信頼感もバッチリ

どれだけいいマットレスですよといわれても、実績の裏づけがなければ売り文句でしかありません。

マニフレックスは、イタリアの主要な病院で利用されているという時点でまず大きな実績があります。

さらにサッカー日本代表の香川選手や、アメリカの大リーグで活躍する野球の前田投手など著名なアスリートも愛用しています。

体が資本のアスリートが利用しているという点も品質が良いものであるという裏づけになるでしょう。

マニフレックスは、品質実質ともに保証されていると考えられる点はダントツなメリットですね。

マニフレックスのデメリット

ここまでメリットについてみてきましたが残念ながら口コミ等をみると、デメリットでは?と思える部分も少なからずありました。

マニフレックスのデメリットは、次の通りです。

  • 硬すぎると感じる人も・・・
  • ニオイが気になる

それぞれについてみていきましょう。

硬すぎると感じる人も・・・

マニフレックスはいわゆる高反発マットレスです。

低反発マットレスのように体を包み込むやわらかさというものよりも、適度な反発力を持ったマットレスになります。

しかし、中には硬すぎるのではないか?という口コミが散見されました。

これは、生産元がイタリアであり、日本人の体系に合わせて作られていないからではないか?という推測が出来ます。

アスリートが愛用していて問題なかったり、実際に腰痛が治ったという口コミもありました。

つまり人によって合う合わないがあるマットレスといえるかもしれません。

判断の基準ですが、ある程度体重や筋力のある方には向いているマットレスだといえるでしょう。

反対に、体重が比較的軽い痩せ型の方や体の小さい方は、別のマットレスを検討してみると良いかもしれません。

ニオイが気になる

これは特に届いてすぐの口コミに多く見られました。

ウレタンフォームのマットレスには、ニオイの問題はある意味常識的なものです。

風通しのよい部屋で陰干しするなどすればすぐに気になるニオイは取れるでしょう。

ウレタンフォーム系で押さえておくべきポイントですね。

そのため、あまり大きなデメリットとはいえないでしょう。

マニフレックスの口コミは?

メリット・デメリットの部分でも少し述べましたが、マニフレックスには次のような口コミがありました。

良い口コミ

  • 腰痛改善に効果があった
  • 寝起きに首が痛いことがなくなった
  • 肩こりがましになった

しっかりと熟睡できることで快適な日中を過ごすことが出来るようになった

悪い口コミ

  • 自分には硬すぎるように感じる
  • ニオイが気になる。どうにかならないか?
  • よい製品だと思うがちょっと高いかも・・・

全体的にポジティブな口コミが多い印象ですが、人によって意見が分かれていました。

これらの口コミも商品選びの参考にして見て下さい。

マニフレックスは、とても品質の良いマットレスです

ここまでマニフレックスについてみてきました。

しっかりとした利用実績もあり、安心して利用できる高反発マットレスであるといえるでしょう。

なによりも腰痛や肩こりに効果があったという口コミが多く見られましたので、これらで悩んでいる方にはぜひ検討していただきたいマットレスです。

マットレスの購入は、ファーストフード店での買い物とは違います。

しっかりと検討した上で最適な選択をしてくださいね!

マニフレックス公式ページへ

 

関連記事一覧