マットレスのカビ対策!カビの予防方法を知ろう!

いつでも手軽に天日干しができる布団に比べ、重さもあり、外に干すことが難しいマットレス。

通気性に優れたマットレスもありますが、それでもマットレスにカビが生えてしまったという経験がある人もいるかもしれません。

そのような人のためにマットレスのカビ対策、カビの予防方法についてご紹介していきます。

マットレスのカビを予防する今すぐできる方法

マットレスは丸洗いが難しく、天日干しができないものがほとんど。

しかし、それでもカビが生えない方法を実践すれば、マットレスをカビから守ることができます。

マットレスを床に直に置かない

マットレスを布団のように床に直に置いている人が見られます。

布団は上げ下ろしや天日干しをすることで、布団自体を乾燥させることができますが、マットレスはそうはいきません。

床に直接マットレスを置くと、マットレスと床の間に睡眠中の汗や湿気がすべてたまっていき、気付いた時にはマットレスも床部分もすべてカビだらけ…なんてことも…

マットレスを使う時は絶対に床に直置きをしないことがカビを予防するポイントです。

床置きに近い状態で使う場合などは、安価なすのこベッドを利用すると効果的です。

すのこのすきまに空気の逃げ道ができますので、湿気がたまりにくく通気性がよくなります。

すのこベッドにどんなマットレスが使えるかは、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

ベッド下の収納には注意

ベッドを効率良く使うために、ベッド下の収納を利用している人もいらっしゃるでしょう。

確かに、ベッド下の収納はとても便利なのですが、通気性を悪くするというデメリットもあるのです。

ベッド下を収納として活用する場合にはマットレスのカビを防ぐために定期的に中身を出し、マットレスに湿気をためないようにしていきましょう。

ベッド下の中身を出すことで、空気を入れ替え湿気がマットレスにたまるのを防ぐとともに、収納している衣類などのカビも予防できます。

シーツやベッドパットを利用する

マットレスに直に眠るとマットレスがすべての汗を吸収することになります。

マットレスが少しでも水分を吸収しないようにするためにシーツやベッドパットを必ず利用するようにしましょう。

ただし、シーツをいつまでも変えずにいると、結局はマットレスに水分がすべて流れてしまいます。

シーツはこまめに洗濯をして清潔を保ちましょう。

マットレスを日陰に干す、立てかける

ずっと置きっぱなしのマットレス。

できれば定期的に日陰に干したり、立てかけたりするのがおすすめです。

大きくて干すのが難しい場合は、湿気をとってくれる除湿シートを併用し、湿度をマットレスの中にためない工夫をしていきましょう。

例えばスプリングマットレスなどは金属のスプリングが重たくなかなか移動させるのも大変です。

低反発や高反発の金属スプリングが含まれていないマットレスの利用を検討してみるのもよいでしょう。
ウレタンなど軽い素材で作られている低反発や高反発のマットレスは、スプリングマットレスと比較すると軽く干すことも比較的楽にできます。

もしカビが生えてしまったら・・・

比較的安く購入したマットレスであれば買い替えをするのがおすすめです。

しかし、とても高価なマットレスがカビてしまった時は簡単に買い替えるという訳には行きません。

そのような時はマットレスのクリーニングがおススメです。

カビ取り用洗剤で対処する方法もありますが、素人ではなかなかカビはとれません。

しかし、プロのお手入れならマットレスを傷めずマットレスのカビをとってくれますので、より長くお気に入りのマットレスを使うことができるでしょう。

マットレスのカビ対策をしっかりと行って長く使おう!

ここまでマットレスのカビを予防する対策についてみてきました。

マットレスの通気性を確保して、中に湿気を溜めさせないようにする!というのが予防のポイントです。

すのこベッドの利用や、シーツやパッドの利用など簡単にできる対策がたくさんあります。

長くマットレスを使用するためにもしっかりとカビへの対策をしていきましょう!

関連記事一覧