腰痛改善効果が期待できる高反発マットレスはこう選ぼう!

例えば硬い床の上で眠ってしまったら体が痛くなってしまいますよね?

逆にふかふかのソファーで横なってうとうとしたら、妙に腰が重く感じることも…。

実は私たちの体は寝ている時の状態から大きな影響を受けているのです。

そのため、体が資本のアスリートが専用のマットレスを持って海外遠征へ行く。なんてことも実は当たり前なんです。

フィギュアの羽生選手やテニスの錦織選手など世界トップクラスの選手も例外なくマットレスを持って海外を転戦しているのです。

体を酷使するアスリートは腰痛に悩まされることも多く、試合にも影響してしまいます。

彼らが自前でマットレスを持って海外へ行くのは、まさに寝ているときの腰痛対策のためなのです。

寝ると腰痛になるのは体重の4倍の負担がかかるから!

日本人の4人に1人が腰痛持ちといわれています。

以前は、腰痛は寝れば治る!と言われていたのですが、実はそれは大きな間違い。

睡眠時の姿勢が悪いと、寝ている間に腰痛を改善するどころか腰痛は悪化してしまうのです。

腰痛持ちの75%が「睡眠姿勢」が原因で腰痛になっています。

睡眠中、体は圧力がかかっています。

その圧が一番かかるのが腰の骨です。

腰の骨への負荷は、なんと体重の4倍にもなると言われています。

その圧力を分散し、血流をよくするために平均20~30回の寝返りをするのが一般的です。

しかし、体に合っていないマットレスを使っていると、寝返りが上手にできず5回以下になってしまう可能性があるのです。

寝返りの回数が少なすぎると、必要以上に腰への負担がかかってしまうため、腰痛が悪化する原因になってしまいます。

腰痛改善に注目したマットレス選びの3つのポイント

睡眠でなぜ腰痛が悪化するのか。それは睡眠時の体の圧力のかかり方と、寝返りにあることがわかりました。

そこで、それを踏まえて腰痛改善のためにマットレスを選ぶときのポイントは次のようになります。

  • 睡眠時の体圧分散がしっかりと出来る
  • キチンと寝返りがうてる
  • 通気性がよい

それぞれについて次から簡単に説明していきます。

睡眠時の体圧分散がしっかりと出来る

私たちが寝ているときの理想の背骨ラインは、「S字」と言われています。

きちんと体圧分散され、体の圧力が均一ににげるようなマットレスを使用した場合自然とS字になります。

例えばやわらかすぎるマットレスを使用すると、一番体重がかかる腰の部分を中心に体が折れて「くの字」になってしまいます。

これは、やわらかすぎるマットレスだけでなく、長年使い込んでへたりができてしまったマットレスでも同じことがおきます。

これでは腰で体を支えていることになり、体重以上の圧力が腰にかかってしまいます。

そのため、腰への負担が4倍にもなるのです。

じゃあ逆に「硬い」マットレスや敷布団ではどうでしょうか?

今度は硬すぎるためマットレスに接地する部分が限られてしまい、点で体を支えている状態になってしまいます。

こうなると先ほどのやわらかすぎるマットレスと同じように負担が腰や肩などに集中してしまいます。

高反発マットレスは、この両方の問題を解決し「柔らかすぎず、硬すぎない」マットレスのことになります。

下の絵のように横になった際に、一番理想とされる「S字」になるようにしっかりと体圧分散が考えられています。

上向きで寝た際に自然な「S字」になることがとても大切なのです。

キチンと寝返りがうてる

体圧分散がしっかりしていないと寝返りの回数も多すぎたり少なすぎたりします。

寝返りは、同じ姿勢をとり続けることで悪くなってしまう血流を改善するために自然と行う動作です。

同じ姿勢のままだと、体がしびれてしまったり、腰への負担が大きく腰痛を悪化させてしまったりといいことがありません。

しっかりと寝返りをうてるかどうかというのは、非常に大切になります。

やわらかすぎるマットレスを使っていた場合、体が沈みこんでしまっていますので寝返りの回数は減りすぎてしまいがちに…。

硬すぎるマットレスを使っていた場合は、逆に寝返りをうちすぎてしまう傾向があります。

適度な寝返り回数は、平均20~30回と言われています。

自然な寝返りが出来るマットレスを選ぶことが大切です。

通気性がよい

通気性はマットレスを選ぶ上で重要な項目のひとつです。

私たちは寝ている間にたくさんの汗をかいています。

そのため通気性の悪いマットレスを使っていると湿気が溜まってしまい、快適な睡眠が取れなくなります。

じめじめと蒸し暑い日は寝苦しいですよね?

それと同じようにマットレスに湿気が溜まっていると体は不快感を覚えてしまい、しっかりと熟睡できません。

体圧分散や寝返りがしっかり出来るマットレスだとしても快眠できなくては、疲れは取れませんよね…。

そのため、通気性のよさは腰痛対策としてマットレスを選ぶ際にもとても重要なポイントになります。

おすすめの腰痛対策マットレスは「モットン」

当サイトがおすすめする腰痛対策マットレスは「モットン」です。

日本人の骨格や筋力、体型を研究して開発された日本人向けの高反発マットレスです。

さらに腰痛対策マットレスを謳っており、理想的な寝姿勢と自然な寝返りができる反発力で体圧分布や通気性、耐久性もしっかりと追求されています。

購入者の満足度も94%と高く、販売実績も10万本を超えている腰痛対策マットレスなので実績もバッチリです。

なによりも90日使用後、納得できなければ返品し返金してもらえる返金保証があるのがポイントです。

とはいえ、94%の満足度を誇っているので返品しなければならない可能性は低いと思いますよ!

でも、もしものときに返品できるのは安心ですね。

モットン公式ページへ

寝ながら腰痛対策を行って腰の痛みとさよならしよう

私たちは一日の約1/3を寝て過ごします。

その時間の中で腰痛になってしまったり、腰痛が悪化してしまったら大変ですよね。

睡眠時の腰痛の原因は、体の圧力が正しく分散されないことやキチンと寝返りがうてないことなどです。

しっかりと背骨がS字になり、自然と寝返りがうてる高反発マットレスは、その悩みの解決方法のひとつといえます。

一日のうちで長く使うものだからこそ、しっかりといいものを選びたいですよね。

マットレスを選ぶ際は今腰痛じゃなくても、腰への負担を考慮に入れて選んでみて下さいね!

関連記事一覧